Dリーグについて
  あいさつ
活動拠点
チーム紹介
  セガ
ネオクラゲ
オールディーズ
キングサンズ
ブッダ
ファイブファールズ
D-Legend H29春の陣
  大会展望
チーム紹介
大会日程
試合結果
Photo
Movie
優勝の軌跡
>>過去の大会記録
29年度春季大会
  大会展望
戦力分析
大会日程
Photo
Movie
試合結果
個人成績
MVP
過去の大会記録
  28年度秋季大会
28年度春季大会
27年度秋季大会
27年度春季大会
26年度秋季大会
26年度春季大会
>>過去の大会記録
秘密アイテムNew
  SS石川のDリーグスカウター
※PCからの閲覧推奨です
コラム
  シニアツアー2017春 #2
シニアツアー2017春 #1
LOOK INSIDE #94
LOOK INSIDE #93
LOOK INSIDE #92
LOOK INSIDE #91
>>過去のCOLUMN
D LIFE
  対談スペシャル
ラムジー武田氏
high flyer氏
スペシャルK氏
ナイトトレイン氏
>>過去のD LIFE
その他
  ダウンロード
問い合わせ
リンク集


ヤマクラゲシニアツアー2017春(後半)




29年度大田区春季シニア大会4連勝に向けて恒例の記念撮影に応じるヤマクラゲメンバー、前列左から“フライングチャイニーズ”ヤオチン、久しぶりの参戦となる“プリンス”釣崎、“ベイビープリンス”釣崎、“AK”、DG浅井、“ハリケーン“つっちー、後列左から高橋”テキサスヒット“水芭蕉、”ビルマ“今市、アイスピック”フィデルカストロ“西川、”ブラックマーメイド“優子、冬眠から覚めた”クイーンアルマジロ“めぐ

5月27日(土)の大会第1日目のサワー、そして28日(日)の大会第2日目のfifteens戦、TKH戦と異なるパーソナリティーを持つチームを相手の3連勝を飾りDリーグレジェンド大会連覇の勢いを持続し連勝街道を突き進むヤマクラゲ。今回は29年度大田区シニア春季大会最終戦、オアシス&Pマンズとの激闘の模様をお伝えしよう。


第4戦 6月24日(土)大田区シニア春季大会第4日目【オアシス&Pマンズ対ヤマクラゲ】

序盤から足を絡めた速攻を繰り出すオアシス&Pマンズの攻撃の前に先行を許す苦しい展開が続くヤマクラゲはハリケーンツッチーがリバウンドに奮闘、DG浅井のミドルジャンパー、ヤオチンのリバウンドショットが決まり徐々に本来のリズムを取り戻すと続く第2Q、DG浅井の素早いパスワークからブラックマーメイド優子が右ベースライン沿いからミドルジャンパーを2本連続でヒット、さらには腰痛を抱えるプリンス釣崎が意地のロングレンジを射抜いて反撃の狼煙を上げ得点差を縮めていくもオアシス&PマンズもかつてDリーグでも活躍を見せていたスコアリングマシン、#11マイクロウェイブ大川の連続速攻ですぐさま反撃、再びヤマクラゲに傾きかけていた試合の流れを手繰り寄せるとスピードを武器に波状攻撃を敢行、一気にこの試合最大となる14点差までにリードを広げるもヤマクラゲも残り1分を切ってAKのロングレンジに続いてビルマ今市がゾーンディフェンスのギャップからラングーンショット決めて応酬、16-25と9点差にまで得点差を縮め前半を終える。

後半に入ると9点のビハインドを追うヤマクラゲは”フライングチャイニーズ”ヤオチンが躍動、変幻自在のムーブから怒涛の4連続ゴールで一気に差を詰めると続いて高橋水芭蕉の諸行無常ショット、さらにはAKがロングレンジが続け様にヒット、オアシス&Pマンズを射程距離に捉えたと思われたがスピードと若さに勝るオアシス&Pマンズのエース#5“ワイルド”松浦が躍動、連続スティールでボールを次々に奪取、圧巻の10-0のランで再び突き放しその得点差は17点差にまで拡がってしまい”これで試合は決したか、、、”と思われたがヤマクラゲは誰一人試合を投げ出したり、戦う事をやめたりはしない・・・

すると残り6分、久しぶりの出場となったクイーンアルマジロメグが必殺のアルマジロルーズを繰り出し連続でボールを奪取、下を向き始めたチームに息吹を与え再び試合の流れを強引に手繰り寄せると残り5分を切って”革命戦士”アイスピック”フィデルカストロ”西川が躍動、”韋駄天”とも揶揄されるその抜群のスピードを武器に3連続ゴールで再びオアシス&Pマンズの背中を捉えたかと思われたが次のボールポッゼジョンでドライビングレイアップを敢行するもディフンダーと交錯、フリースローを獲得するも古傷の足首を痛めここでベテラン戦士は無情にも退場を余儀なくされてしまう、、、

それでも最後まで諦めないヤマクラゲは2-1-2のゾーンディフェンスからマンツーマンディフェンスにスイッチ、勝負に出ると疲れの見え始めたオアシス&Pマンズをディフェンスでプッシュ、次々にボールを奪取しロストボールを誘発するとこれをプリンス釣崎がボーナススロー、DG浅井がロングレンジ、さらにはヤオチンがドライビングレイアップと繋いで追撃するも電光掲示板はここで”0”を示し非情のブザーが鳴り響きタイムアップ、バッドマウス武藤、アロンゾ河原、ペーパーバッグ小森のセンタープレーヤーがこの日は不在、欠場した影響が響いたのかリバウンドでの苦戦が最後まで響いて惜しくも届かず48-55で惜敗、3勝1敗で大会を終えた。


第1Qだけでサイズで上回るオアシス&Pマンズに対し4本のリバウンドを奪取したのをはじめ試合を通じてインサイドで奮闘をみせた“ハリケーン”つっちー。バッドマウス武藤、ビースト小森、アロンゾ河原の本職のセンタープレーヤーが不在の中、試合を通じてペイントゾーンでリバウンドを取り続けチームのチャンスを創出、素晴らしい活躍を披露した。

Dリーグ創成期にセガのエースとしてチームに3度の優勝に導くと共に数々の個人タイトルに輝いたプリンス釣埼が久しぶりに登場、調整不足に加えて腰痛も発症、トップフォームからは程遠い出来ながらもドライブからのキックアウトパスでアシストパスを送り得点を演出すると共にロングレンジを2本決めて見せた。

画像をはじめ、当ホームページのデータを承諾無く、コピー・加工することを禁止します。本サイトおよびリンク先ページの内容に関する責任ならびに著作権は、それぞれのページの作成、管理者に帰属します。雑誌・新聞等にデータを転載される場合は必ずご相談下さい。

運営・取材協力 中村, 光嶋